So-net無料ブログ作成
検索選択

カイロプラクティック 銀座

★ほとんどの(筋骨格系)痛みは筋肉(軟部組織)が原因です!

そう言い切っても決して過言ではないぐらい、
リーフカイロで筋肉の機能を取り戻した方は、
お身体の変化にお気づきになります。


異常に緊張した筋肉(拘縮状態)が身体に及ぼす影響と、
筋肉の伸張(調整)を行うと、
身体の機能が回復するのかご説明します。


異常に緊張した筋肉(拘縮状態)について
筋肉に負荷をかけ過ぎると「筋肉を縮めなさい!」という命令がでなくても、
持続的に筋肉が縮んだ状態になってしまいます。

これを拘縮といいます。

筋肉が伸ばされないようにと、体の防衛的な反応が働き、時にこの反応により、
筋肉を傷つけてしまうのです。

この反応は、筋肉がもとの長さに戻りにくく(弛緩)、伸ばされた時に、
痛みや不調を感じるのが特徴です。

さらには血流を阻害し、代謝を悪くします。

その結果、代謝産物(疲労物質、痛み物質)が
その筋肉内に残り、疲労感や痛みとして自覚症状を出します。

また、痛み物質が増大すると、反射性筋収縮や血管収縮が加わって、
痛みを強め、痛みの悪循環が起こります。

この様な状態になると、筋肉内でのエネルギー産生が減り、なかなか拘縮状態が解けなく、
コリ感やハリ感が強く残ります。


筋肉の拘縮状態が及ぼす身体への悪影響
・疼痛

・歪み

・関節可動域の減少

・循環不良など
 

原因として
① 身体的な要因
・長時間、同じ姿勢でいることが多い。
・重たいものをよく持つことがある。
・激しいスポーツ又はトレーニングをしている。
・いつも同じ側にバッグを持つ又は掛けている。
・ヒールの高い靴をよく履く。
・足を組む癖がある。
・「姿勢が悪い」とよく言われる。
・睡眠時間が短い。など

② 精神的な要因
・仕事や家庭での悩み事が最近増えた。
・人間関係でトラブルがあった。
・気分転換が出来ず、休日も休んだ気がしない。
・夜、眠れない事が多い。
恋人とうまくいってない。など

③ 環境的な要因
・最近、引っ越してきた。
・周囲の騒音で悩まされている。
・仕事の部署が変わった。
・食事の時間が不規則。など

④ 化学的な要因
・たばこを吸う。
・コーヒーなどカフェインをよく摂る。
・お酒をたくさん飲む。
ダイエット食品、中心の食生活。
・薬物。など

この筋肉の異常緊張は過負荷、過労、反復運動、
あるいは突然の過伸張(急に筋肉が伸ばされる)といった

筋肉に対する過度なストレスから生じる事が多いのですが、
臨床上では、それだけでなく、色々な要因が絡んで発生している事が多いです。

その背景には、自律神経の交感神経が少なからず関与していることも考えられています。

Leaf(リーフ)カイロプラクティックの主なテクニックとその内容
※その方の症状に合わせて、施術を行います。

※そのテクニックの理論をもとに、当院独自の方法でおこなっているものもございます。

※カイロプラクティックの看板を掲げてますが、患者さまが良くなればどんな施術も取り入れるつもりです。

※以下の内容は、一般向けに意訳しております。(興味のある方だけお読みください。)


ストレイン・カウンターストレイン/オステオパシー
1964年にオステオパシードクターであるローレンス.H.ジョーンズ医師により発表された、
アメリカでは「カウンターストレイン」と呼ばれている。

治療法はとてもソフトであるが、拘縮状態にある筋肉を弛緩するには
絶大な信頼を得ているテクニックである。

当院では、腰痛、姿勢矯正(猫背)、関節障害の患者さまによく使うテクニックの一つで、
痛みなく施術ができるというメリットがあります。
ただし、慢性疾患の方の場合、術後、副反応(好転反応)がやや強く出る場合があります。(2~3割の方)

~方法~

①まず患部を触診しながら圧痛点(押して一番痛いところ)を
 さがします、患部になければ反対側(拮抗筋)でさがします。

②圧痛点の痛みがなくなる、または軽くなる姿勢をさがし、
 その姿勢を90秒以上、保持します。
 (90秒は目安で筋肉の状態によって変わります。)

③筋肉の弛緩を感じたらゆっくり
 すこ~しずつ元の姿勢に戻します。
 その時、自分で戻ろうとしたりせず完全に力を抜いて下さい。
  

筋エネルギーテクニック/オステオパシー
人間が持つエネルギーを利用したテクニックで、非常に簡便で、
また相手(患者)の体力に合わせて行えるため、リハビリの現場でも使われている。

当院では、各関節の障害(肩、肘、手首、股関節、膝、足首など)、
また、ばね指、外反母趾、XO脚など美容系の矯正も行っており、カウンターストレインと合わせて、このテクニックを使います。

家庭療法にも取り入れやすいので、術後のアドバイスにも使っています。

~方法~

関節の可動域制限をみつけ、術者の力の方向に少し反発してもらい、
その後ゆっくりとストレッチを行う。この操作を何度か繰り返し
行い、少しずつ関節の可動域制限を緩和していく。

関節と表現したが、実際は関節周囲の筋肉の拘縮を弛緩する操作である。

ディバーシファイドテクニック/カイロプラクティック
もっとも一般的なカイロプラクティックのテクニックで
背骨の歪み(関節の動き、変位など)によって起きる、神経機能の
低下をアジャスト(瞬間的な矯正)により取り除く方法である。

当院では、産後の骨盤矯正やむちうちなど他の力が加わって歪んでしまったときや筋肉の調整を行っても改善が見られない場合には、このテクニックをつかいます。
(打撲、ねんざ、骨折などはまず整骨院または整形外科を受診してください。)

~方法~

様々ですが、
スターティック(静止)、モーション・パルペーション(可動性検査)を行い、
歪みをみつけ矯正しやすい姿勢をとり術者の手や膝をつかいアジャストします。

無理な矯正はしませんのでご安心ください。

アプライド・キネシオロジー/カイロプラクティック
筋力テストを行いながら、筋肉の機能や様々な反射などをつかって施術を行うテクニックである。身体機能の統合を促します。
アメリカでは「AK」と呼ばれている。

当院では、AKの筋力テストを施術前の検査と術後の確認につかいます。

アクティベーターメソッド/カイロプラクティック
特殊な器具をつかい矯正します。
身体への負担が少なく、安心して施術が受けられるテクニックです。

当院では、子供や高齢の方などにつかいます。

内臓マニピュレーション/オステオパシー
内臓にアプローチし機能を活性化させるテクニックです。

当院では、肩こりや自律神経に障害、内臓障害などにつかいます。''

仙骨後頭骨テクニック(SOT)/カイロプラクティック
とてもソフトなテクニックです。
骨盤の下に、くさび型のブロックをいれ後頭骨をわずかな力で施術します。

呼吸のメカニズムと脳脊髄液の流れを通じて、身体の調和をはかります。

当院では、頭痛や自律神経に障害の方、また風邪をひきやすいなど
免疫力が低下している方にもつかいます。

適応症
腰痛・肩こり・頭痛・慢性疲労・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア(軽度)・ぎっくり腰・むちうち・頚肩腕症候群・背部痛・側弯症(若年)・関節炎・神経痛・自律神経失調・生理痛・便秘・虚弱体質・胃痛(胃下垂など)・不眠・内臓機能低下・メニエール・腹部痩身など




※Leaf(リーフ)カイロプラクティック周辺地域の方で、京王線の千歳烏山、仙川、つつじヶ丘また桜上水、下高井戸、明大前の方や京王井の頭線の永福町、西永福や東急世田谷線の山下、松原にお住まいの方は電車でのアクセスが楽だと思います。また自転車で来られる方は杉並区の上高井戸、高井戸、下高戸、浜田山や世田谷区の上北沢、北烏山、南烏山、八幡山、粕谷からの地域の方が多いです。
ご来院の際は交通事故などに注意し、時間に余裕を持って来て頂ければと思います。
カイロプラクティック 銀座
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。